基礎化粧品の知識

基礎化粧品は、メイク落とし、洗顔料、乳液、クリーム、化粧水などいろいろな種類があります。それぞれの
特性と効果的な使い方を説明しています。また、基礎化粧品の口コミ情報や人気ランキングなどもお伝えします。

クレンジング 洗顔 乳液 化粧水
基礎化粧品の知識カテゴリ
基礎化粧品・スポンサードリンク

美しさの基準
基礎化粧品 口コミ

基礎化粧品

基礎化粧品とは、お肌を清潔にしたり、汚れを取ったりする洗顔料、うるおいを与える化粧水、うるおいを逃がさないための保湿液、クリーム、乳液など肌の調子を整えるケア用品のことです。基礎化粧品を選ぶ際に一番重要なのは、自分の肌質や体質に合っているかということです。

20代の基礎化粧品とは?

「25歳は、お肌の曲がり角」といったことばを耳にします。20代は、お肌が最もきれいな時期だといわれていますが、皮膚の細胞レベルでの老化は20代後半から始まっているのです。 20代のお肌の手入れで大切なものは、やっぱり基礎化粧品です。20代の基礎化粧品による手入れが、30代以降のお肌づくりに大きな影響を与えます。基礎化粧品は「洗顔」「水分補給」「保湿」の3点をしっかり行えるものを選びましょう。

ネット通販でも、低価格でかわいいトライアルセットが販売されており、20代女性の間で大人気です。お肌の手入れで大切なことは、朝晩のケアをしっかり行うことです。朝は、前夜の疲れをリフレッシュ、夜はその日の疲れを持ち越さないような手入れを続けるようにしたいですね。また、お肌はストレスにも敏感ですので、毎日の生活のリズムを整えることが大切です。お酒の席などのおつきあいもほどほどにして、節度ある生活を心掛けるようにしましょう。

30代の基礎化粧品とは?

女性にとって、30代は、家事や育児に追われる一方、職場においては重要な位置づけにある人も少なくありません。そのため、ついついお肌の手入れを怠ってしまうことがあります。 しかし、お肌にとっていちばん大切なことはスキンケアです。基礎化粧品でお肌の手入れをきちんとすることが大切なのです。お化粧ののりをよくするためには、基礎化粧品の選び方から始まります。自分のお肌にあった基礎化粧品を使い、スキンケアを十分行ってからお化粧をすることをお勧めします。

30代は、お肌の老化現象が現実のものとなってきます。もちろん個人差はありますが、日常のスキンケアをきちんと行っている人は、お化粧もきれいに仕上がります。たしかに30代は公私ともに大変な時期で、お肌の手入れまでする余裕がないという人も少なくないでしょう。特別高級な品を使う必要はないのです。通販サイトでも格安の基礎化粧品があり、忙しい30代女性の間で人気になっています。

40代の基礎化粧品とは?

通販サイトで人気になっている基礎化粧品の特徴をみると、年代別にはっきりしていることがわかります。20代は「低価格でかわいいもの」30代は「化粧のりがよくなるもの」40代は「保湿力がいいもの」そして、50代になると「しわなどの老化肌に有効なもの」となっています。 この年齢別特徴をみると、40代のお肌の手入れがいかに大切かということがわかると思います。 お肌にとって大切なことは、保湿力です。

乳液やクリームなどの基礎化粧品もたしかに保湿には役立ちますが、乾燥したままのお肌に塗ることは肌トラブルの原因にもなります。お肌の保湿のためには、コラーゲン100%などの基礎化粧品を使うことをお勧めします。なぜなら、お肌の成分は水分を除くと80%がコラーゲンで形成されているからです。お肌のトラブルを防ぐためには、水分と脂分のバランスが大切です。40代のこの時期にしっかりとスキンケアを行い、やがて訪れる50代に備えましょう。

基礎化粧品の成分

基礎化粧品には、さまざまな成分が配合されており、それぞれの働きを知ることが基礎化粧品を理解する近道です。すべての成分について知ることは大変ですが、まずは自分の使っている基礎化粧品に含まれる成分や働きを調べ知識をつけていきましょう。

自分に合う基礎化粧品が見つかったら、メイクの前、メイクの後にお肌の手入れをしましょう。メイクの汚れを残したままだと、メイク方法がいくらうまくいっても、翌日のお肌は元気がなくなってしまいます。朝は、夜の間にかいた汗や、分泌された汚れをきれいに落とし、基礎化粧品でお手入れをしてからメイクをしましょう。メイクの方法は、まず、下地を使って、お肌の色を調整したり、ファンデーションやポイントメイクが定着しやすいように整えます。化粧の下地が整ったら、ファンデーション、チーク、アイカラーなどでお肌にメイクをのせていきましょう。季節や、TPOに合わることはもちろん、自分に合った色を見つけるなど、いろいろなメイク方法を試してみましょう。

パッチテスト

テスト方法は、基礎化粧品を二の腕の内側に塗り一晩そのままにしておきます。合わない基礎化粧品なら塗った場所だけ赤くなったりかゆみがでたりと拒否反応を起こします。拒否反応がでた場合は基礎化粧品の成分表示を確認し、皮膚科などでアレルギーテストなどを行うようにして下さい。自分がどの成分でアレルギーを起こすのかを知ると今後の化粧品選びにも役に立ちます。どんなに高価な基礎化粧品でも、自分の肌にあわなければ意味がないので、パッチテストは必ず行うようにしましょう。

基礎化粧品 人気
基礎化粧品情報3

美白化粧品と無添加製品・山田養蜂場

美白効果が高い化粧品は、人気も高く各化粧品メーカーも研究や開発が進められており、美白効果の高い化粧品の販売を行っています。美白効果のある化粧品も無添加のものがあります。美白を行いな

基礎化粧品情報1

茶のしずく石鹸もちもちした泡の秘密

大人気の茶のしずく石鹸は、もっちりした弾力ある泡が特徴です。洗顔で確実に汚れを落とすためにはゴシゴシとこすって洗うのではなく、洗顔料や洗顔石鹸の泡で優しく洗うのが最も良いとされます。

基礎化粧品情報2

口コミサイトで効果の高い美白化粧品とは

化粧品の種類は、さまざまでその効果も美白効果、張りやツヤ、ニキビ対策などがあります。化粧品でも、最近は、美白効果が高い化粧品が人気の用です。一時期は、少し日に焼けたぐらいの方が健康

基礎化粧品情報4

ネイルケア

爪は絶え間なく伸びますが成長率は違っていて、子供の爪は根元から先端まで伸びるのに2〜3ヵ月ですが大人では3〜5ヵ月かかり、中年を過ぎると細胞代謝が遅くなるので、爪は硬くでこぼこが多くな

基礎化粧品情報5

洗顔

クレンジングと洗顔が一緒にできるダブル洗顔料という商品がありますが、汚れが完全に落ちきらないことが多くトラブルを起こすことがあるので、なるべくクレンジングと洗顔料は分けるようにして下さい。

基礎化粧品情報6

基礎化粧品と年齢

基礎化粧品には、メイク落とし、洗顔料、乳液、クリーム、化粧水などがあります。基礎化粧品は毎日使うものなので、肌にあった商品を選らばないとトラブルの原因となります。 同じメーカでも商品名が

基礎化粧品情報7

化粧水

現代のストレス社会の中で、ほとんどの女性は肌の水分量が足りていません。肌の水分が足りないと、シワの原因になるほか、肌に透明感がなくなり顔色をくすませてしまいます。化粧水には、ドラッグス

基礎化粧品情報8

乳液

乳液は乳状の化粧水で構成成分はクリームに近いが、クリームより油性成分の量が少なく粘度が低いので 伸びがよくさっぱりしています。汗ばむ季節や脂性の肌の人に好まれていて、用途もサンプロ